68C2454A-D7FB-4FE0-8020-7071085C1E08
B99F3D97-E506-4250-9ABA-EEE124994C9B 8F37D3FB-BB9D-430E-9A7C-C376636BCDF4 B1E9DE90-BB91-4A96-AFEE-F7B1CF10CC5B

2018年生まれの父リアルインパクト母サンプチュオス(母父リダウツチョイス)の共有オーナーを募集中です。これから馴致調教を始め、2020年暮れから2021年上旬のデビューを目指して行きます。

血統背景

父リアルインパクト

初年度産駒からNHKマイルカップ(G1)の勝者ラウダシオンを輩出。オーストラリアでもザ・フィーニックス(L)3着馬アウトバーストなどが活躍中。7歳でG1ジョージライダーSを制したように、産駒も息の長い活躍が見込める。

母サンプチュオス

父は豪州長年リーディングサイアーとして君臨したリダウツチョイス。母の父は豪州では産駒が少頭数の名馬サンデーサイレンス

生産牧場は名門アローフィールドスタッド。良血馬である。

現役時はアローフィールドスタッド所有名義で走り、5123回の成績で繁殖入り。現時点で現役競走馬産駒は3歳牝馬のサムディール(ダンディール 61)のみ。

ラヴィッシュリー(サンデーサイレンス)は現役時にG3フュリオスS3着、G2グローミングS4着など活躍。繁殖牝馬としてG1ランドウィックギニー出走馬レイセスタースクエアを輩出(リダウツチョイス サンプチュオスの全兄)

ラヴィッシュリーの半妹のルーナスパー(フライングスパー)は繁殖牝馬としてG2ファーラップS勝馬コロラドクレア(ハソネット)G2ディルマーヴァースG3ナショナルS勝馬ムーンオーバーマンハッタン(マンハッタンレイン)バブルべロウ(ハソネット)香港G1チェアーマンズスプリント勝馬(日本のスプリンターステークスにも出走した)ラッキーバブルズ(セブリング)を輩出。

調教師のコメント

体高も大きい方で、筋肉の発達も良いです。しなやかな動きをするのはサンデーサイレンスの3×3の血が入っているからもしれません。性格も温厚で、調教もし易そうです。オーストラリアの典型的な筋肉隆々短距離馬というパワータイプというよりかは、末脚が切れる瞬発力タイプのマイラーのイメージが湧きます。この馬で安田記念へ遠征などの夢を抱きながらしっかりと育てて行きたいと思います!

詳細の動画はこちらから

https://youtu.be/Oii4BxVXIMk

馬体チェック動画はこちらから

https://youtu.be/6gSyvIWggIA

紹介動画はこちらから

https://youtu.be/9SuPyESECMI

%からの共有が出来ます。初期購入費は馬代、セリ会場からの輸送費、獣医費、BOBSボーナスレース登録費、馴致調教費、2021630日までの死亡事故保険費、2020930日までの維持費を含めて%$580+馬主登録費$110=$690(1ドル75円の計算で約52000)10%の場合は$1160+馬主登録費$110=$1270(95200)

月々の維持費(10月から)%の所有で約14500円、10%で約29000となります(レートの状況により金額は変動します)

共有に興味がある方は当ページのお問い合わせフォーム又はjapanoz@hotmail.comまでご連絡下さい。ツイッターからのダイレクトメッセージ(@DCHUJO)も承っています。